ブトウ糖

生活習慣病と聞くと「糖尿病」をイメージする人が多いです。
糖尿病は大きな病気と知っている人は多いですが、具体的にどういうことが原因で、どういう症状があるのか知っている人は少ないです。
糖尿病について知識を持っておくことで、予防や改善に繋がります。

■糖尿病
糖尿病というのは、炭水化物の代謝障害のことを言います。糖尿病になったからといって、食事をできないわけではありません。消化と吸収はちゃんと行うことができます。
問題の部分は、ブトウ糖がどこに行くのか、ということです。
通常は筋肉、脂肪細胞がエネルギー源をたくさん取り入れていたのですが、糖尿病になってしまうと、これが今までのようにできなくなってしまうのです。
そのため、ブトウ糖は体内で余ることになりますから尿として排出されます。ブトウ糖が尿が出るということから糖尿病の名前の由来となっています。
名前からすると尿に糖が出る病気と思ってしまいますが、実際は上手にブトウ糖を取り入れることができない病気なのです。

■ブトウ糖
なぜブトウ糖が身体の中で正しく使われないのかというと、インスリンというホルモンが関係しています。
血液中にブトウ糖を一定に維持するために、必要な場所に必要なだけ取り入れるようにこんとろしているのが、インスリンです。インスリンはすい臓から分泌されます。
しかし、何らかの異常が起きることによって、すい臓からインスリンが分泌されなかったり、インスリンの量が少なかったり、逆にインスリンの量が多すぎる、ということが起きるのです。
これが原因で糖尿病になります。

■検査
自分が糖尿病の疑いがある場合は、速やかに医療機関に行き、検査を行った方が良いです。糖尿病と診断するためには血液検査を行います。
糖尿病には1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠糖尿病という3つのタイプがあります。
1型糖尿病というのは、免疫系がすい臓のベータ細胞を破壊することによって、インスリン分泌がなくなるタイプです。
2型糖尿病というのは、生活習慣や加齢が原因で、インスリンを分泌する能力が低下していくタイプです。日本人の糖尿病はほとんどがこのタイプです。
妊娠糖尿病というのは、名前の通り妊娠中にあらわれる高血糖のことです。母体だけではなく、胎児も危険な状態ですから、治療の選択も慎重に行う必要があります。

オススメリンク

甘いケーキ

甘い食べ物

甘いものをたくさん食べると糖尿病になりやすいというのはよく聞きますが、これは甘いものに限ったことではありません…Read more
医者

3つの種類

糖尿病と一言で言っても、様々な種類がります。また、種類によっても原因は異なります。1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠…Read more
聴診器

治療方法

糖尿病を改善する方法は、3つあります。食事療法、運動療法、薬物療法です。食事療法ではバランスが良い食事を行いま…Read more
女性医師

合併症

糖尿病が恐い病気と言われている理由は、合併症を引き起こす可能性が高いからです。初期の場合は自覚症状が無いのです…Read more

関連リンク

最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー